本文へスキップ

ようこそ 社会福祉法人鞍手ゆたか福祉会のホームページへ│福岡県鞍手郡鞍手町

お問い合わせはTEL.0949-43-1200

〒807-1305 福岡県鞍手郡鞍手町新延289-2

カレッジ早稲田

事業所案内

建物外観写真
その他写真


z
ブログ http://blog.livedoor.jp/college_wase_da/
事業所の沿革 平成25年10月01日  新宿区西早稲田にカレッジ早稲田事業所の開所
平面図
建物概要 施設種別 : 自立訓練(生活訓練)事業所

施設名  : カレッジ早稲田

開設    : 平成25年10月1日

建物構造 :鉄筋コンクリート造6階建

延床面性 : 138m2   使用面積 : 98m

定員    : 4年制  各学年20名

事業所案内
事業所の業務内容 自立訓練(生活訓練)
住所 東京都新宿区西早稲田2−15−10
職員構成
修学年限・定員 4年制 各学年20名
ご連絡 TEL : 03−5292−3020
利用時間・営業日 月曜、火曜、水曜、木曜、金曜、土曜 09時00分から16時00分まで。 
土曜日は、月によって異なる。祝日・日曜日及び12/29〜1/3までは除く。
利用者負担 入学金・授業料は無料
入学資格
教育理念 1.豊かな人生を送ることができるよう、一人一人に必要な能力をはぐくむ。
2.社会や他人と関わるために、お互いの存在を尊重する精神を養う。

教育方針
1.体験を通しての学習
 生活体験、社会体験、スポーツ、文化・芸術活動など多くの体験を取り入れ、生きることに必要な能力、人生を楽しむ能力、忍耐・努力する能力などを学ぶ。
2.仲間と共に学ぶ
授業の中に、学生たちでの話し合いを多く取り入れる。その過程において、個性や自主性の発揮を学ぶとともに、円滑なコミュニケーションの取り方や協調性を習得する。
3.自立を目指して着実に進む
まずは社会的自立(生活自立、人間関係の構築)、次に、精神的・人格的自立を促す。最終的に、就労意欲の形成を目指す。
目指す学生像 1 何事にも積極的に取り組み、常に向上しようとする学生
2 社会性と人間性に富み、何事にもくじけない強い精神力を持つ学生
3 心身共に健康で明るく、正しいものや美しいものに感動する学生
4 他者を思いやる心を持ち、他者と協調してものごとに取り組むことができる学生
5 友愛の精神に満ち自己肯定感の高い学生

教育課程と法的位置づけ

教育支援 ☆教育目標
 @生きる事に必要な能力、人生を楽しむ能力、忍耐・努力する能力の育成。
 A個性や自主性を育てるとともに、伝え合う力を高め、協調性を養う。
 B社会で生きていく能力と、社会で生きる意欲を育てる。

「1・2年・・・教育課程(自立訓練事業)」
・HR・一般教育・生活・ヘルスケア・経済・文化芸術・労働・スポーツ・自主ゼミ・資格検定・調理

「3・4年・・・専門課程(就労移行支援事業)」

・組立プログラム・OAプログラム・計量検品プログラム・ピッキングプログラムSSTプログラム

・介護・清掃プログラム・喫茶プログラム・ビジネスマナープログラム・就活プログラム

・短期/中期/長期職業実習&フィードバッグ
生活支援   ・生活場面におけるマナーや身だしなみ、コミュニケーション、健康管理、金銭管理や節約方法、一般的な知識、情報収集の仕方、体力つくり、趣味、資格、その他スキルアップの為の学習および体験の機会を提供する。
 余暇活動支援  ・当事者の余暇について、本人達で話合って企画する余暇活動を行う。

(主に土曜日)

・その他、年間行事による。
 その他の活動  ・集中講座

・旅行(ex社会見学、宿泊、ツアー、日帰りバスツアー、バスハイク 等)

・季節に関する行事(ex花見、海水浴、紅葉狩り、クリスマス、忘年会、新年会、節分 等)

教育課程と法的位置づけ

学年 課程 授業内容 内容
1年生
 ・
2年生
教養課程 ・ホームルーム
・生活
・ヘルスケア
・経済
・労働
・一般教養
・自主ゼミ
スポーツ
・文化芸術
・資格・検定
自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、身体機能又は生活能力の向上のために必要な訓練などを行います。(自立訓練事業)
3年生 専門課程 ・ピッキングプログラム
・組み立てプログラム
・計量プログラム
・検品プログラム
・パソコンプログラム
・介護プログラム
・清掃プログラム
・ビジネスマナープログラム
・就職活動プログラム
・SSTプログラム
生産活動などの活動の機会を通じて、就職に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練などを行います。(就労移行支援事業)
4年生 ・短期職場実習(1週間)&フィードバック
・中期職場実習(2週間)&フィードバック
・長期職場実習(1ヶ月)&フィードバック

基本時間割

普通科

時間帯
〜10:30 登校時間
10:30〜10:45 朝のミーティング
10:45〜12:00 ホームルーム 一般教養 労働 ヘルスケア 文化芸術 余暇活動(学生企画行事)
12:00〜13:00 昼食・休憩
13:00〜14:15 経済 生活 資格・検定 スポーツ 自主ゼミ
14:15〜14:45 自主学習
14:45〜15:00 清掃
15:00〜15:15 帰りのミーティング 
※活動の中に、毎月「調理体験プログラム」が入ります。
※授業の中で、途中5〜10分程度の休憩が入ります。
教科 学習内容
ホームルーム 行事に向けての準備、企画、運営、計画の立て方、公平な情報量での選択、意見交換、プレゼン、クラス共通の課題等についての話し合い、ディスカッション等
生活 掃除、整理整頓、修繕、ゴミの出し方、整髪、ひげ、化粧、衣服、洗濯、挨拶、社会人マナー、異性マナー、男女交際、心理学、善悪の知識と判断、空気を読む等
一般教養 交通ルール、生活ルール、法律、趣味・余暇活動、ボランティア、情報活用、自由権、社会権、地域資源、福祉制度、権利擁護、健康管理、時間管理、危機管理等
ヘルスケア 栄養、食材の流れ、農家体験、魚釣体験、安全な食事、調理計画、食文化、ストレッチ、ストレス発散、身体の仕組み、病院利用、メンタルヘルス、しょうがい理解等
経済 電卓使用法、電卓検定、買い物の仕方、買い物の方法、計画、実践、トラブル回避、一人暮らし、金銭管理、銀行やATMの利用等
文化芸術 絵画、掲示物制作、生産活動、陶芸、工芸、音楽、映画、美術作品、詩、写真、外国文化(クリスマス)、演劇、書道、昔の遊び、音楽療法、器楽、歌唱等
労働 職種を知る、職場見学・体験、働く意味、就労意欲の向上、職種の絞込み、物づくり、販売体験、自己分析、就労能力評価、履歴書、アポイントメント、面接練習等
スポーツ ウォーキング、ジョギング、ダンス、登山、ハイキング、球技、野外レクリェーション、屋内レクリェーション、体操、筋トレ、ヨガ等
自主ゼミ インターネット・文献・新聞・テレビのニュース番組からの情報収集、研究の仕方、発表の仕方、発表、グループ研究、発表準備(役割分担等)、グループ発表等
資格・検定 パソコン(ワープロ)検定資格の取得、資格調べ(種類・方法・費用)、受験、パソコン(ワープロ)検定試験対策、各個人での試験対策等

各教科の概要

ホームルーム 目標 コミュニケーション能力や問題解決能力を育成します。
単元 @行事計画・運営 A余暇活動計画 B話し合い 等
一般教養 目標 幅広い知識を養い、教養ある大人を育成します。
単元 @決まりについて A社会参加 B生活管理 等
生活 目標 手段的日常生活動作の力を育てます。?
単元 @身だしなみ Aマナー B洗濯・掃除 C公共機関の利用 等
ヘルスケア 目標 健康な暮らしを営む力を育てます。?
単元 @食育 A身体のしくみ B生活習慣 等?
経済 目標 金銭を管理する力を育てます。
単元 @電卓 A買い物方法 B経済生活 等
文化芸術 目標 余暇が充実する力を育てます。
単元 @創作 A音楽 B文化 等
労働 目標 仕事に就く力を育てます。
単元 @仕事の探し方 A働くこと B実習 C労働準備 等
スポーツ 目標 基礎体力を育て、健康な体を育成します。
単元 @体力づくり A球技 等
自主ゼミ 目標 コミュニケーション能力、情報活用能力を育て、学びの主体性を育成します。
単元 @情報収集 Aグループ学習 B研究発表 等
資格・検定 目標 各種資格・検定に合格する力を育てます。
単元 @目標設定 A試験対策 等

年間行事予定

主な行事 主な行事
前期 4月 入学式 後期 10月 地域の祭りへの参加
歓迎イベント
5月 新入生オリエンテーション合宿 11月 地域の祭りへの参加
特別講座T
6月 スポーツ大会 12月 全専研大会参加
個人懇談@(担当職員) 個人面談A(担当職員)
7月 キャンプ 1月 成人を祝う会
職場見学 特別講座V
8月 バスハイク 2月 研究論文発表会
特別講座U 個人面談U(理事長)
9月 登山 3月 マラソン大会
個人面談T(理事長) 歓迎イベント
修了式
※地域の行事等の関連により、日程を変更する場合があります。

授産製品の紹介

 製品説明(特徴・価格など)  ・年間行事による地域の祭りへの参加などにより、企画・作成・販売する

 場合があります。

その他のサービス

サービス種別 サービス内容
送迎サービス なし
給食サービス なし

利用案内

 利用申込方法  ・知的または発達障がいが認められる人。

・自立訓練(生活訓練)の受給者証を取得している人。(取得見込み可)

・身辺自立ができており、身辺介助が不要な人。(食事、排泄、着替え等)

・ある程度のコミュニケーションがとれる人。

・自分での通学が可能な人。
利用料 ・入学金・授業料は無料

・食費(昼食費)、行事等は実費

交通アクセス

 公共交通機関

による案内
・山手線 「高田馬場駅」下車、早稲田通りを早稲田大学方面へ直進。(徒歩15分)

・西部新宿線「高田馬場駅」下車、早稲田通りを早稲田大学方面へ直進。(徒歩15分)

・東京メトロ副都心線「面影橋」下車、早稲田通りへ。(徒歩10分)

・都営大江戸線「東新宿駅」「若松河田駅」「牛込柳町駅」下車。(徒歩30〜40分)

・地下鉄「西早稲田駅」「高田馬場駅」下車。(徒歩10分)

・バス「高田馬場2丁目」下車、道なり早稲田大学方面へ直進。(徒歩10分)

大きな地図で見る

その他

 コメント ・見学・体験・実習に関するご相談はお気軽にお問合わせください。

・資料の請求や受講条件等のご相談も随時受付ております。
カレッジ早稲田

TEL : 03−5292−3020
FAX : 03−5292−3021


ご案内

鞍手ゆたかの里
デイゆたか
小牧ワークセンター
じょぶトレーニング筑豊
らいふ
サンガーデン鞍手
ふれあいYOUYOU館
すきっぷ
福岡県央障がい者就業・生活支援センター
すまいる

カレッジながさき
カレッジ福岡
カレッジ早稲田
ワークセンター宇美
ブルーム多々良
ブルーム和白丘
ブルーム桐ヶ坂
ブルーム宇美
じょぶトレーニング行橋



ホームページ更新履歴

・6月19日
SATOだより6月号を更新しました

・5月16日
SATOだより5月号を更新しました

・4月15日
SATOだより4月号を更新しました

マイナビ転職に掲載中の求人情報はこちら

こちらをクリック
こちらをクリック

こちらをクリック

社会福祉法人 鞍手ゆたか福祉会
社会福祉法人 鞍手ゆたか福祉会


「当法人の障害の表記」
当法人では、障害を表記する際は、「障碍」と表記することを原則としています。これは、国連のICF(国際生活機能分類)並びに障害者権利条約の理念に則り、「障害者とは、社会の中で生きる上で進路をさえぎられ不自由さを強いられている人である」という立場であり、私たちは社会の中にある彼らにとっての不自由さをなくす努力(「合理的配慮」)をしなければならないという思いを込めています。
社会福祉法人鞍手ゆたか福祉会ロゴ

〒807-1305
福岡県鞍手郡鞍手町新延289-2
TEL 0949-43-1200
FAX 0949-43-1201

プライバシーポリシー


  社会福祉法人鞍手ゆたか福祉会ロゴ ロゴマークの意味

 鞍手ゆたか福祉会の明るく元気な活動が皆様に伝わるようなロゴデザインにしました。

 お日さまには、イニシャルの「K」「Y」「F」を人に見立てたものを絡ませました。人が太陽に向かって大きく手を広げているように、また手を取り合っているように表現しています。





鞍手ゆたか福祉会を支える会
こちらをクリック

パンフレットダウンロード



こちらをクリック
こちらをクリック

メールでのお問合せこちらをクリック